セックスフレンドは必要悪

colombia男と女が二人きりになればセックスをしたくなります。

もしどちらかでもそんな気分にならないとすれば、それは不能かマグロです。

こう考えるとセックスフレンドも恋人も関係ないような気がしますが、決定的に異なるのは「恋愛感情が存在するかどうか?」という点です。

なのでセックスフレンドがいる人の中には、実はちゃんと恋人がいるという人も多いものです。

ここで問題が生じます。

自分の好みに合う異性がいて、セックスもできるというのに人は何故セックスフレンドを求めるのでしょうか?

「そこにヤらせてくれる女がいるから」ではありません。

「フリーダムなセックスをしたい」という気持ちがあるからです。

いいですか、恋人とデートしたとしましょう。

食事をします。

そしてお待ちかねのファックタイムです。ところが相手は「ごめん、今日はそんな気分じゃないの」と言います。

一体、これはなんなのでしょうか?

セックスをするために体裁を繕って食事に誘い、いざラブホテルの前まで来てもしくは入室してから「今日はダメ」という。許されないことです。

その点セックスフレンドに対してそんなお気遣いは心配ご無用です。

何故ならセックスをするために会うのですから。

そしていくら放心状態になるような濃厚なセックスを味わったとしても、スッキリしてしまえば心はまた恋人の元へと帰って行きます。

そういうわけで、一概にセックスフレンドはいけない関係とは言い切れないというわけです。

セックスだけを楽しむ。それがセフレ

ところで「セフレ」って何の略が知ってます?

そうです、「セックスフレンド」の略です。よくご存知ですね。

ではどういった定義かというと、「夜になると胸が締め付けられるような関係」ではなく、純粋にセックスを目的としたつながりを前提とした異性のことを言います。
armenia
まあ、読んで字のごとくというわけですよ。

「相手に対して命をかけてもいい」が恋人同士なら、「相手に対して精液をかけてもいい」というのがセックスフレンドという関係を求める起爆剤、発火点になりうるのでありますから。

とはいえセックスもセックスで色々ありますよね。

コンドームを装着して正常位でパコパコしてそのまま終わる淡泊なものもあれば、濃厚なフェラやまん繰り返しから始まって、あろうことか生で挿入、フィニッシュは中出しとか。

それとも、縛り上げてムチでみみず腫れになるまで叩いてサディスティックに振る舞い、最後に傷跡に精液をぶちまけたり。

どのようなシチュエーションやプレイであってもセックスはセックス。それがセックスフレンドというものです。

つまり何が言いたいのかというと、世間の常識、セフレの非常識というわけです。

相手を捕獲したら、楽しめばいいではありませんか。

ひたすらにセックスだけを楽しみ、快楽を追求する。

たまの修羅場もなんのその、それこそセックスフレンドの世界なのですから。

セフレ募集掲示板サイトで童貞を奪われちゃいました!~20歳・大学生

自慢できる事でもないのですが、20歳になるのですが彼女がいた事もSEXの経験もないんです。
congo恋愛に奥手タイプというのもあるけど、高校も男ばかりだったし大学に入ってからも理系でしたから女性と知り合えるチャンスもない、そんな女っ気もない日々だったんです。

でもこれではダメだと思ってセフレ募集掲示板を使う事に。

童貞って言うとドン引きされるだろうと思って不安だったけど、年上のお姉さんからメールが来たんです!

そしてなんと一週間後にデートする事に。内心リアル会いは無理だろうと期待してませんでしたが、当日そこには綺麗なお姉さんタイプの女性が待っていました。

女は既婚者だったんですが、誘われるままラブホへ行っちゃいました。

それからお風呂も一緒に入ったんですが、三十代後半とは思えない位美しい肌をしていて、色白でスレンダーなのに巨乳なんです。

心臓が爆発するかと思う位に高鳴っていました。

彼そしてベッドへ入るなり向うから馬乗りになって、僕にディープキスをしてきて、「ねぇ触ってみて」そう言って手を取られ彼女の胸に触れました。

それから乳首を吸ったり舐めたりすると、凄く艶っぽい声で喘いでるんです。そんな彼女をみていたら僕のムスコも硬くなってきました。

そして彼女のクリトリスを舐めると下の方から汁がいっぱいでてきて、汁を舐めるとどんどん出てくるんです!

それを夢中で啜っていました。体をくねらせ感じている彼女を見ていると我慢できなくなって挿入しました。出し入れしていると彼女も気持ちいいと喜んでくれます。

夢中で腰を振り続け中出ししちゃったんです。SEXというものがこんなにも気持ちいいものなんて驚きでした。

その女性とはあれから月に何度か定期的に会ってSEXしていますよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ